相続放棄

相続放棄について

相続放棄について

相続放棄とは

相続放棄とは、「はじめから相続人でなかったとして、被相続人(亡くなった方)の遺産を一切うけとらないこと」です。プラスの財産もマイナスの財産も相続しないことになります。
遺産分割協議の結果、何も受け取らないことを「相続放棄する」という表現をされる方が多いですが、相続放棄とは家庭裁判所での手続きが必要です。

続放棄のポイント

  • 家庭裁判所での手続きが必要です
  • 相続放棄には期限があります
  • 一度受理されると取り消しはできません
  • 相続放棄をする前に「相続財産」を受け取ってしまうと、「単純承認」とみなされ相続放棄ができなくなります。

庭裁判所での手続きが必要です

亡くなった方の最後の住所地の管轄の家庭裁判所に申述を行います。
直接訪庁する方法のほか、郵送でも手続きが可能です。

新潟家庭裁判所本庁

  • 新潟市
  • 五泉市
  • 燕市のうち旧吉田町
  • 阿賀町
  • 弥彦村

新潟家庭裁判所三条支部

  • 三条市
  • 燕市(旧吉田町を除く)
  • 加茂市
  • 田上町

新潟家庭裁判所新発田支部

  • 新発田市
  • 阿賀野市
  • 胎内市
  • 聖籠町

新潟家庭裁判所村上出張所

  • 村上市
  • 岩船郡 (関川村、粟島浦村)

新潟家庭裁判所長岡支部

  • 長岡市
  • 小千谷市
  • 見附市
  • 魚沼市
  • 出雲崎町

新潟家庭裁判所柏崎出張所

  • 柏崎市
  • 刈羽村

新潟家庭裁判所南魚沼出張所

  • 南魚沼市
  • 湯沢町

新潟家庭裁判所高田支部

  • 上越市
  • 妙高市
  • 十日町市のうち旧松代町・旧松之山町

新潟家庭裁判所十日町出張所

  • 十日町市
    (旧松代町・旧松之山町を除く)
  • 津南町

新潟家庭裁判所糸魚川出張所

  • 糸魚川市

新潟家庭裁判所佐渡支部

  • 佐渡市

続放棄には期限があります

相続放棄は「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヵ月以内に手続きをする必要があります。
「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」とは、死亡の事実を知り、かつ自身が法定相続人となった事実を知った時です。
従って、『被相続人と相続人が疎遠で死亡の事実を知らなかった』、『先順位である被相続人の配偶者や子が相続放棄をしていたことを知らず、市役所から書類が届いて自身に相続順位が移っていることを知った』等、様々な理由で死亡から3ヵ月を経過していても相続放棄が受理されることがあります。

3ヵ月以内に手続きをしないと、単純承認(プラスの財産もマイナスの財産も相続すること)を認めることになります。

プラスとマイナスの遺産

遺産(相続財産)とは

プラスの遺産

土地・建物等の不動産、現金、有価証券、自動車

マイナスの遺産

 借金、住宅ローンなどの負債

続放棄を行う場合は、亡くなった方の相続財産には触らないでください

相続財産を受け取ってしまうと、その後相続放棄ができなくなってしまいます。相続放棄をするつもりの場合は、亡くなった方の遺産には手をつけないことが重要です。

例えば…

  • 亡くなった方の病院代が未払いであったために預金を引き出して支払いをした
  • 亡くなった方が契約していた保険を解約し、解約返戻金を受け取った。
  • 亡くなった方が大家をしていたアパートの賃料の受領口座を変更した

このように、些細と思われる行為であっても単純承認事由とみなされ、その後相続放棄が出来なくなりますので注意が必要です。
しかし、相続放棄をしたとしても受け取ることができる財産があります。

続放棄をしても受け取ることができる財産

① 受取人が指定されている生命保険金

受取人が指定された保険は、受取人固有の財産であるため、受け取ることができます。
※亡くなった方が受取人の場合や、受取人がいない保険の場合は受け取ることができません。

② 遺族年金や未支給年金

未支給年金や遺族年金は、国民年金法で「相続財産」ではなく、遺族の「固有財産」とされています。(最高裁判所第3小法廷判決平成7年11月7日)受取の手続きをしていただくことは問題ありませんが、被相続人の口座から年金分を引き出すことは避けた方がよいでしょう。

手続きから受理通知までのながれ

相続放棄手続きの流れ

被相続人の遺産を調査する
被相続人の戸籍謄本を市町村役場で取得する

本籍地が転々としている場合は、様々な市町村役場から郵送で取り寄せる必要があります。

相続放棄申述書を作成する
相続放棄申述書と必要書類を家庭裁判所へ提出する
家庭裁判所からの照会書が届く
照会書に同封されている回答書を返送する
家庭裁判所より相続放棄受理通知書が届く

私たちが行う業務について

業務内容

相続放棄の手続を行います。必要な書類の収集、相続放棄申述書の作成、家庭裁判所への提出、必要な場合には債権者の通知まで行います。

すすめする方

  • 故人に借金があることがわかっており、それがプラスの財産よりも多いため相続したくない…
  • 相続争いに巻き込まれたくない…
  • 故人とは疎遠で、借金があるかどうかも分からないが関わりたくない…
  • 親族から「私たちは相続放棄をしたのであなたが相続人です」と突然告げられた…

33,000円(税込)+実費

  • 相続放棄のみ

44,000円(税込)+実費

  • 相続放棄
  • 相続放棄受理証明書
  • 債権者への通知

※相続放棄の難易度が高い場合(3ヵ月経過後で上申書等が必要なケース)の場合は追加料金がかかります。

※相続放棄を急ぎで行う必要がある場合は追加料金がかかります。