みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

みなし相続財産とは被相続人が死亡したときに所有している財産ではないものの、相続税の計算上財産とみなされるものをいいます。代表的なものに、死亡保険金や死亡退職金があります。