相続に関する手続きのことなら、新潟市中央区の司法書士法人トラストにご相談ください。

用語集

用語集相続放棄(そうぞくほうき)

2019年1月16日

相続放棄とは、相続人の遺産を相続する権利を持つ人が自ら破棄することをいいます。
相続放棄が行われた場合は、放棄した相続人ははじめから相続人でなかったものとして扱います。
ただし、相続税の基礎控除を計算する際の法定相続人の人数には加えます。生命保険金の非課税枠の計算の人数にも加えます。
なお、生命保険金については「みなし相続財産」であるため、受取人固有の財産です。そのため、相続放棄をしても受け取ることが出来ます。