相続税(そうぞくぜい)

相続税とは、相続・遺贈・死因贈与により財産を取得した個人に課せられる国税のことをいいます。
平成29年度は全体の被相続人に対して8%の方の相続について、相続税の申告・納付が必要であったとの統計が国税庁より発表されています。