相続税の基礎控除(そうぞくぜいのきそこうじょ)

相続税の対象となる財産につき、「ここまでの金額であれば税金をかけない」と定めた金額のことです。
相続税の基礎控除は、対象財産が「3000万円∔(法定相続人の数×600万円)」の合計金額の範囲内であれば相続税はかからないという仕組みです。