検認(けんにん)

公正証書遺言以外の遺言書につき、被相続人死後に家庭裁判所に持ち込んで、その存在を証明してもらう手続です。
検認は遺言書の形式や内容を担保するためのものではなく、遺言書の寄贈や変造を防止するために行います。