失踪宣告(しっそうせんこく)

相続人の中に行方不明者がいる場合、一定期間経過後にその人を「法律上、死亡したものとして取り扱う」ための制度です。失踪した事由により必要な期間が異なります。